ウォーキングをしよう

ウォーキングなら手軽に始められる

健康のため、ダイエットのため、などいろいろな理由から運動を始めたいなぁと思うことはあってもなかなか始められないものです。
いざ始めてみても体力が続かなかったり忙しくて止めてしまったりしまうこともあります。

そういった人でも続けやすいのがウォーキングです。
手軽にできる運動ですがウォーキングは続けることで様々なメリットがあります。

ウォーキングによる効果

ウォーキングを続けることによってたくさんの健康効果があります。
まずは生活習慣病予防です。

ウォーキングは有酸素運動なので行うと血液中に酸素が取り込まれやすく脂肪が効率的に燃やせます。
脂肪でも特に生活習慣病とも関係がある内臓脂肪を落とすことに効果的です。
それ以外にも血圧を下げる効果があるので続けて行くととても健康的になれます。

有酸素運動は脂肪を燃焼させるために20分以上の運動が必要です。
普段運動をしていない人にとっては20分継続して体を動かすことは無理があります。
ウォーキングは自分のペースで歩けばいいだけなので他の有酸素運動よりは取り組みやすいです。

ウォーキングはゆっくりと体を動かすので呼吸が浅くなることがありません。
他の有酸素運動は激しいものが多いので呼吸が浅くなりやすく脂肪が燃焼しにくくなります。
ウォーキングであれば新鮮な酸素を継続して体内に贈り続けやすいので効率よく脂肪を燃焼させることができるのでダイエット効果も高いです。

新陳代謝が良くなる

ウォーキングは全身運動で少ない負荷で全身の筋肉を鍛えられます。
心臓から送られてきた血液をスムーズに運搬できるようになるので体内の血液循環が良くなり血行改善に効果的です。
血行が良くなると老廃物が流れむくみも解消できます。

新陳代謝が活発になることはアンチエイジング効果もあります。
むくみが取れてすっきりしたり老廃物が流れて肩こりが解消できたりする以外にも肌のくすみが明るくなったり細胞が活発になったりと見た目にも若返ることができるのです。

効果の出るウォーキングの方法

ウォーキングにはメリットがたくさんありますが正しい方法で歩かないと効果が出にくいです。
まずは正しい姿勢で歩くことを心掛けましょう。

正しい姿勢を保つためには腹筋と背筋が必要です。
姿勢が曲がっている人は壁に体をつけて正しい位置を知るようにすることから始めるようにします。
壁に体をつけるのは簡単そうに思えますが意外と難しいです。

ウォーキングをするのは朝がとても良いです。
朝のうちに全身に光を浴びることで体内時計がリセットされ正しい状態に戻すことができます。
継続していくことで夜型の生活が改善され夜はぐっすり寝られるようになりますし早起きできるようになります。