押し花を楽しもう

押し花は進化している

押し花といえば子供のころ新聞や辞書にきれいな花をはさんで作ったイメージがあります。
しかし今はどんどんと技術が進化していて素晴らしい作品が作れるようになっているのです。
化学の力を応用して押し花も簡単に作れるようになっていますし美しさを追求できるようになっています。

そのためただ押し花を作るだけでなく絵画のように表現を楽しむ人も多いです。
趣味として押し花を楽しむ人も増えています。

電子レンジを使った押し花

押し花を趣味として楽しんでいる人の中には今でも昔ながらの方法で楽しんでいる人もいますが、中にはたくさんの押し花を作るために電子レンジを使って作る方法を活用している人もいます。
電子レンジを使うことによって短時間で押し花をパリッと乾燥させることが可能です。
たくさんの押し花を早く仕上げたい人にはおすすめの方法といえます。

作業の方法も簡単です。
段ボールの上にペーパーを敷いてその上に花を敷きます。
その後もう一度ペーパーと段ボールを重ねて輪ゴムで留めて1分加熱するだけです。

花の状態によって電子レンジの過熱時間は変わってきます。
そこで1分加熱した後花の様子をして乾いていないようであれば少しずつ加熱して仕上げていきましょう。
覆っていたペーパーに水分が出るため剥がしにくいことがありますが花を傷つけないように優しく剥がすことがポイントです。

アイロンを使った押し花

電子レンジは加熱時間がわからず難しいと感じる人もいます。
そういった人はアイロンを使った方が様子を確認しながら作成できておすすめです。

ペーパーで花を挟んだら低温のアイロンをあてていくだけで水分が飛ばせます。
最初に30秒ほどアイロンを動かさずに加熱して水分を飛ばし様子を見ながら10秒ほど何回かに分けてアイロンをかけていくとうまくきれいに仕上がりやすいです。
綺麗に水分が飛ばせるとペーパーから花が透けて見えるようになるので仕上がりがわかりやすいです。

押し花を活用する方法

押し花を作るのも楽しいですが加工することも楽しみがあります。
加工してアレンジする方法もいろいろなものがありますが一般的には押し花アートやアクセサリーに使われることが多いです。

押し花アートは好きな花を並べていくだけで作れます。
フォトフレームに入れて飾って楽しむのも美しいですしメッセージカードを作っても喜ばれます。

アクセサリーはレジンに入れるととてもきれいです。
レジンの中に押し花を入れるだけでなく他の素材を合わせても可愛く仕上がります。
ピアスやネックレスに加工してフリマサイトで販売している人も多いです。

小さめの花はネイルアートに使うこともできます、
押し花のネイルアートは大人っぽく落ち着いたネイルに仕上あげられとても上品です。