猫カフェを楽しもう

猫とのふれあい方に注意

ここ数年で俄に人気を集めているのが動物と触れ合える場所といえば「猫カフェ」があります。
お茶を楽しみつつ、店内の猫とふれあうことが出来るという猫カフェは、猫派の人にとっては桃源郷のような場所なのではないでしょうか。

元々は少なかった店舗数も、今ではかなり広がりを見せ、各地に点在するようになりました。
猫を飼いたくても家の事情で飼えなかったり、昔飼っていたが今は飼ってなくて猫カフェに行くという人もいるでしょう。

そういった形で人気が高まっている裏に、「猫の扱い方」が分からないで猫カフェを利用してしまう人が多くなっているのも事実です。

そこでここでは、猫カフェではぜひ知っておきたい「猫の扱い方」について紹介します。

まず大前提ですが、猫は生き物であり、同時にデリケートな存在でもあります。
その為、自分本位に乱暴に扱うようなことは、絶対にしてはいけません。
できるだけ慎重に扱い、猫にストレスを与え過ぎないようにすることが重要です。

猫はそもそもストレスを貯めやすい動物です。
ストレスが貯まると機嫌が悪くなってしまう、というような問題もありますが、何よりストレスから来る病気などに掛かってしまう可能性が高くなります。
猫好きとして、猫に過剰な負担がかからないように注意することは必須の事項です。

他にもストレスを溜めないようにするポイントとして「嫌がる猫を無理やり抱き上げない」ことや「寝ている猫にちょっかいをかけない」こと、「大きな音を出さないこと」などが挙げられます。
猫は気まぐれな生き物であるため、場合によっては全然ふれあうことが出来ないということもあるかもしれません。
それも楽しみの1つと出来る人でなければ、猫カフェは相性がよくないかも知れません。

猫カフェに行くときには、服装にも注意をするようにしましょう。
猫の毛や匂いなどが付いてしまうことがあるため、多少汚れても良いような服装を用意していきます。
また、肌の露出があるとひっかかれてしまうような場合もあるため、こちらも避けるようにするのが賢明です。

ペットとして猫を飼う場合も同様です。
猫の中にはストレスや環境、人の変化に弱い子もいます。ストレスのせいで病気になってしまうこともありますので、ペットとして飼っている場合は、毎日体調管理をしっかりしてあげるようにしましょう。
また何かあればすぐに動物病院に連れて行きましょう。

例えば、以下のような事例があります。
飼っている猫が『元気がなく嘔吐を繰り返し、お腹もゆるいため病院に連れて行ったら膵炎と診断を受け9日間の入院と5日間の通院をした』場合、膵炎と診察され20万円の費用が掛かったということもあります。(参考データ:猫と犬の保険|ペット保険のPS保険

これだけの金額が自己負担となるため猫だけではありませんが、ペットを飼う時は保険に入っておくと安心でしょう。
基本的に猫カフェにいる猫ちゃんたちもそうした保険に加入していることが多いのが一般的です。

人気の猫カフェ

それでは、人気の猫カフェについて紹介します。
ここで紹介するのは、東京の吉祥寺にある猫カフェ「てまりのおうち」というお店です。
このお店は名前の通り「てまり」という名前の看板猫が居るお店となっています。
他にも多くの猫が在籍していますが、いずれも可愛いと評判で、猫好きが集まるスポットとなっています。

猫カフェは時間制限の料金制をとっている所が多いですが、ここのお店はそういったシステムではなく、定額で無制限で楽しむことが出来るようになっています。
座席にはコンセントなども用意されているため、スマートフォンを充電しながら写真を撮ったり、SNSに投稿したりすることも出来るのも、便利なポイントの1つです。