今話題のVRを体験しよう

VRは大きく2種類

「VR」についてご存知でしょうか。
時々テレビやネットで話題になるこのVRとは、「Virtual Reality」(バーチャル・リアリティ)を略した言葉で、仮想現実のことを指しています。
コンピューター上で再生している映像が、まるで本当に目の前に広がっているかのように体感することができる技術となります。
仮想現実とは言われていますが、実在するかのような映像のクオリティに声が漏れたりしてしまいます。

VRの種類は、「家庭用」と「アトラクション型」に分かれています。
家庭用は、ゴーグルに似た「ヘッドマウントディスプレイ」と呼ばれる装置を着け、パソコンやスマホ、ゲーム機器を利用してVRを体感することができます。
アトラクション型は、提供する施設に出かければ、ダイナミックな世界を体感することができるというものです。
最近ではアトラクション型を楽しめる施設もますます増えてきています。

VRの魅力

VRは、そこにないものをあるように感じるというマンガやSFのような世界観が魅力となっています。
現在は「視覚的に楽しむ」のみとなっているVRですが、近未来には手触りや匂い、味にいたるまで再現できるように研究が進められています。

VRの世界は、現実では絶対に起こりえないことを体感できますので、RPGゲームのような大冒険や、ゾンビや幽霊が出てくるようなホラーの世界でも、目の前で起きているかのように見せてくれます。
このように深く没入できることが、VRの最大の魅力になると考えられます。
家庭用VRも最近は種類が増え、スマホのゲームアプリでもVR対応が増える傾向にあります。

バーチャルを楽しむと言えば、旅行気分を味わうことができるVRが大活躍します。
「旅行に行きたいけど、忙しくて時間がない、お金がなくて行っている余裕がない」という場合でも、VRで体感するだけで、世界中旅した気分になることができます。
映像とインターネット通信を組み合わせれば、より質の高い臨場感を演出することができます。
家の中にいながら、世界中のどこまでも旅することができるなんて、夢のような世界ではないでしょうか。

VRはかなり普及してきていますので、VR表示対応の映像であれば、自宅でも驚くほどの躍動感を楽しめます。
何度も見たという映画でも、新鮮に感じることができますし、まったく新しい高揚感をも感じることができます。
最近では、音楽DVDにVRコンテンツがおまけ特典としてついていることがあります。
大好きなアーティストのパフォーマンスが目の前で見れるなんて、バーチャルと知っていても、感激してしまうかもしれません。
まだまだ伸びしろがあるVRに、ますます大きな期待がかかります。

VRを体験しに行こう

自宅用のデバイスを使用する以外に、VR体験ができる施設に出かけてみてください。
アトラクション施設の料金は、会社によって異なりますので、HP等で確認をしてからでかけましょう。
旅行やゲーム、映画等、非日常が目の前で広がるVRの魅力を感じてみてください。