三味線を弾いてみよう

三味線で活力のある元気な音色を届ける

津軽三味線や浄瑠璃、浪曲・浪花節など、様々な種類の曲がある、三味線。
それぞれ曲によって大きな特徴がありますが、いずれも、活力のある、非常にパワフルな曲として知られています。

その名の通り、三本の弦によって構成されている三味線は、弦を押さえながら、もう片方の手で弦を弾き、三味線の音色に合わせて歌うことがほとんどです。
歌を入れずに曲だけを弾くということももちろんありますが、三味線と、力強い歌声は正にベストな組み合わせで、聞き心地抜群として知られています。

演奏する曲や歌によって、同じ三味線でも、全く違った印象になりますが、いずれも非常にパワフルな、和楽器ならではの繊細さのある仕上がりになる事が特徴です。

三味線サークルは非常に多くある?

三味線を行なう事が出来る場所は数多くあります。
会社や学校で積極的に取り組んでいるサークル、部活も多いでしょう。
それだけ日本の伝統芸能が多くの人に愛されている証拠で、日々、多くの三味線サークルが、その腕を磨き、発表会でその実力を競い合っています。

三味線サークルの他にも、愛好会や,教室、カルチャースクールなど、三味線を行なう事が出来る場はたくさんあります。
独学で学ぶことももちろん出来ますが、三味線は出来るだけ、教室などの団体で通った方が楽しむ事が出来るでしょう。
また三味線は、一人で奏でてももちろん美しいですが、合わせて奏でることで、より壮大な美しさを実感することが可能です。
三味線ならではの団体芸を楽しむためには、それなりの人数が居る団体に所属をすることをおすすめします。

三味線は初心者でもやりやすい楽器?

三味線は、ギターなどに比べると、押さえる弦が三本しかありませんので、初心者でも取り組みやすい楽器です。
ギターを挫折してしまったという方の中には、三味線に移行して楽器を始めることが出来たという方も居るでしょう。
それだけ難易度的には、ハードルが低いですので、安心して取り組むことが出来ます。

また三味線は、和楽器の中でも非常に手に入れやすい、コスパよく購入できる傾向があります。
もちろん商品によって傾向がありますが、出来るだけ費用を抑えたいと言う方は、三味線を始めることがおすすめです。

三味線を始める際には、独学やスクール、どんな学び方にしろ、自分の好きな曲を見つけることがおすすめです。
一度自分の好きな曲が見つかれば、その曲を弾けるようになるために練習を楽しむ事が出来ます。
どんな学び方を選ぶにしても、まず始めに好きな曲を練習することで、三味線をより上達をしやすくなる点が、大きな特徴であると言えるでしょう。
好きな曲をたくさん作るためにも、三味線鑑賞をすることも大切です。