鳥カフェを楽しもう

遊ぶ小鳥を眺めながらゆっくりお茶を

動物、特に鳥類と触れ合うことが出来るカフェとしては、すでに「フクロウカフェ」を紹介しました。
ここではもう1つ、鳥類と触れ合うことが出来るカフェとして「鳥カフェ」について紹介します。
こちらはフクロウのような大きな鳥ではなく、インコのような小型の鳥が中心となっているのみせです。
それでは、鳥カフェを楽しむという場合には、どのような楽しみ方をするのが良いのでしょうか。

小鳥、インコというのは特に大きな音などに弱い、臆病な生物です。
その為、鳥カフェで触れ合うという場合についても、あまり大きな音を出したり、大きな声を掛けたりするべきではありません。
また、そもそも体も強いわけではないデリケートな生物であるため、急に触ったり、強く触ったりすることも避けなければなりません。
猫カフェなどは「触れ合い」を中心としていますが、鳥カフェについてはどちらかというと「鑑賞」を中心としているものだと捉えておいた方が近いでしょう。

色鮮やかで可愛らしい声で鳴くインコを前に、コーヒーを傾ける、というのが鳥カフェでの楽しみ方です。
慣れてくると、指に止まらせたり、手からエサをあげたりすることが出来る場合もありますが、始めて行く場合にはそこまで求めようとせず、「一方通行」でも我慢するようにするのが適切です。

人気の鳥カフェ

それでは、実際にある鳥カフェの店舗の中から、人気の有る場所をピックアップして紹介します。
一つ目に紹介するのは、「ことりカフェ表参道」です。
こちらのお店には25羽前後のインコがおり、色鮮やかな姿を楽しむことが出来るようになっています。
アクセスは表参道駅から徒歩で10分ほどの距離となっており、営業時間は朝の11時から夜の7時までです。

一部の鳥を除くと、鳥は夜に弱いため、基本的に営業時間は早めに終わってしまう場合が多いことには注意した方がよいでしょう。
こちらのお店ではドリンクメニューを注文すると、必ずインコをモチーフにしたクッキーをオマケでもらうことが出来ます。
このクッキー自体もしっかりとしたクオリティのもので、これを目当てにして訪れる人も少なくありません。

もう一軒ご紹介させていただくのは「鳥のいるカフェ」です。
そのままの名前ですが、コチラは田原町駅から徒歩3分程の距離となっています。
こちらはトロピカルな雰囲気すら感じる色鮮やかなインコが多く飼われいるお店で、放し飼いにされているためより近い距離で楽しむことが出来るようになっています。
また、こちらのお店ではインコの販売も行っているため、来店した際に気になった子がいれば、スタッフに相談することで「お迎え」出来る場合もあります。

ゆっくり楽しむのにも、飼う鳥を見繕うのにも適したお店です。