ヘビカフェを楽しもう

女性に人気の安全なヘビカフェ

爬虫類カフェの中にも一部ヘビが存在していましたが、ここではよりヘビにフォーカスした「ヘビカフェ」について紹介します。
こちらも猫カフェ等と同様に、ヘビと触れ合うことが出来る、間近で見ることが出来る場所として注目を集めるようになっています。
ヘビというと、特に女性などはあまり得意ではない人が多そうですが、実は客の多くが女性で、一部から高い人気を集める動物であることがわかります。

さて、そんな「ヘビ」といえば、やはり気になるのは「危ないのではないか」ということではないでしょうか。
確かにヘビの中には、毒を持っているものや、獰猛なものがいることは事実です。
しかし、実は世の中に存在しているヘビの多くは無毒であり、それほど獰猛な性質を持っているわけではありません。
ヘビカフェで触れ合うことが出来るようなヘビというのはそういった「安全」なヘビであるため、安心して楽しむことが出来るようになっているわけです。

毒がないだけではなく、そもそもあまり噛み付いたりしないような性格のものが中心となっているため、より安心出来ると言えるでしょう。
あの独特のヘビの質感が好みだという人は、一度ヘビカフェにも行ってみるのが良いでしょう。

東京スネークセンター

それでは、実際に楽しむことが出来るヘビカフェとして、ここでは「東京スネークセンター」について紹介します。
原宿と表参道の間という、若者の町のどまんなかにあることも、若い人たちを中心に人気を集めていることを示しています。
こちらのお店では入店の際に1000円が必要なシステムとなっています。
ただ、この料金の中にワンドリンクが含まれているため、そこまで高価というわけではありません。

店内には様々な植物が植えられており、密林の中のような雰囲気です。
メニューとしてはコーヒーや紅茶などのスタンダードなカフェメニューに加えて、軽食メニューやケーキメニューなどもあり、じっくり楽しむことが出来るような構成となっています。
この他にも、ヘビのグッズの購入や、ヘビ自体の購入なども出来るようになっているため、こちらもスタッフに相談してみるのが良いでしょう。

さて、それでは本題のヘビとの触れ合い方についてです。
こちらのお店ではヘビは透明な金庫のようなケースの中に入っており、その中から気に入った子を選んでテーブルに持って行く、というシステムとなっています。
「スネークコンパニオン」という名前で呼ばれているようです。

実際に手を触れるのは別料金となっていますが、独特な質感があるため、興味がある人はこちらもお願いしてみるのが良いでしょう。
強く握らないようにすることと、清潔な手で触ることだけは注意事項となっています。