爬虫類カフェを楽しもう

珍しい爬虫類がすぐそばに

猫カフェのフォロワーとして、一風変わった動物とふれあうことが出来る場所として登場した場所があります。
横浜市にあるお店「横浜亜熱帯茶館」は、「爬虫類カフェ」と呼べるようなお店となっています。
ここではそんな爬虫類カフェについて、どのようなお店であるのかについて紹介します。

まずは場所についてですが、横浜市営地下鉄の伊勢佐々木長者駅から徒歩で5分ほどという良アクセスとなっています。
カメとトカゲの模様が描かれた茶色い看板が出ているため、ひと目見るとそのお店であることが分かるでしょう。
爬虫類というとジメジメとした印象があるかもしれませんが、店内は広く、光が取り入れられるような作りとなっているため、明るく開放的です。
一見すると、少し熱帯系の植物が多く飾られていることを除けば、通常のカフェのような雰囲気となっています。

そんな店内の一番奥に鎮座しているのが、主役の爬虫類たちです。
大きなガラスケースが設置されており、その中には木が足場として設置されています。
そしてその木の上に、様々な種類の爬虫類が待っています。

展示されている爬虫類としてまずよく知られているのは「イグアナ」です。
南米などに生息している爬虫類であるイグアナは、かなり大型の種類で、80センチほどあります。
爬虫類が好きだという人にとっては堪らないですが、苦手だという人にとっては悲鳴を上げてしまうようなサイズ感を間近で楽しむことが出来ます。

他にも、トカゲやヘビ、イモリなどの様々な爬虫類が、それぞれの水槽の中に展示されています。
ちょっとした動物園気分で、じっくりと近くで爬虫類の姿を楽しむことが出来るでしょう。

ふれあいが出来る

さて、そんな爬虫類カフェは、端っこの一角が区切られています。
おおよそ8畳前後のこのスペースは、「放し飼いスペース」となっています。
ここではカメやトカゲなどが放されており、水槽越しではなく直接爬虫類とふれあうことが出来るようになっています。

爬虫類は男性よりも女性に人気が高いらしく、この店の客層も20代から30代の女性が中心となっています。
じっくりと爬虫類とのふれあいを楽しんでいくという人も多く、2時間から3時間程度店内で楽しんでいく人が多いということです。

爬虫類カフェでは、爬虫類だけではなく、様々なメニューを楽しむことも出来ます。
人気があるメニューとしては、中国茶があります。
こだわった中国茶が提供されており、これを何度もお湯で出して爬虫類とふれあうお供にしている人も多いようです。

普段、あまり触れ合う機会がない爬虫類を、心ゆくまで堪能することが出来る爬虫類カフェは、「好き」な人にとっては、非常に楽しめる空間となっています。